ホワイトニングのことなら、東京都渋谷区のホワイトニング専門審美歯科、表参道ホワイトデンタルクリニックにお任せください。

ホワイトニング専門
女性専用クリニック
  完全予約制  
03-6447-1556

    ご予約はLINEから

友だち追加

ホワイトニングブログ
~ホワイトニングの色戻りについて~

投稿日:2020年11月6日

 

 

みなさま、こんにちは!

 

東京のホワイトニング専門歯科

 

表参道ホワイトデンタルクリニックです。

 

 

 

ホワイトニングをして

 

綺麗な白い歯を手に入れたのに、

 

色が戻ってしまった

 

そのような経験をされた方は

 

多いのではないでしょうか?

 

なぜ色が戻ってしまうのでしょう。

 

 

まず前提として、

 

残念ながらホワイトニングは

 

誰でも必ず色戻りが起こってしまいます。

 

 

 

色が戻る原因はひとつではありません

 

皆さんが想像しやすいのは

 

コーヒーやタバコによる

 

着色汚れでしょうか。

 

それも色戻りの原因のひとつです。

 

コーヒーや紅茶の色が

 

マグカップに付着するように、

 

歯にももちろん付着します。

 

そのような汚れは

 

歯の表面に付着するものなので、

 

それを歯磨きでしっかりと落とすことができれば、

 

色戻りは格段に遅くなります。

 

普段のお手入れがとても大切ということですね。

 

 

 

もっと大きな原因としては、

 

以前

 

「クリニックとセルフで行うホワイトニングの違い」

 

で説明しましたように(下記参照)

 

ホワイトニングして白くなったけれども

 

表面的に白くなっただけで

 

歯の中の黄色い原因である

 

象牙質が白くなっていないから

 

ということがあります。

 

歯は皮膚と同じで

 

ターンオーバー(再石灰化といいます)していくので、

 

日々変わっていきます。

 

なので表面的に白くしただけだと

 

元に戻りやすいのです。

 

はじめに中からしっかり白くしておくと、

 

そうそう元には戻りません。

 

中からしっかり白くしておくと、

 

戻っても一番はじめの色までは

 

戻らなくなる方がほとんどです。

 

 

 

他には、「目の慣れ」があります。

 

ほとんど色が戻っていないのに、

 

毎日見ていると

 

白いのかよく分からなくなってしまう

 

ということがよくあります。

 

歯の色は

 

透明感やグラデーションがあるので

 

お皿のような白さとは違います。

 

また、歯の色を見る環境も大切です。

 

オレンジ系の白熱灯の下で歯の色を見ると

 

歯も黄色く見えます。

 

白めの蛍光灯の下で

 

歯の色を見ると良いでしょう。

 

おすすめは、自然光です。

 

晴れた日の窓辺で色を確認すると良いです。

 

また、歯の色を見るときは

 

必ず歯磨きした後にしましょう。

 

 

また、加齢変化による色戻りもあります。

 

歯の内部は加齢とともに

 

だんだん黄色くなってしまうものです。

 

よって、一旦白くした歯でも

 

年齢とともにまた黄色くなってきます。

 

 

以上が主な色戻りの原因ですが、

 

色戻りはゆっくりと起こります。

 

ですので、メンテナンスをきちっと行うことで

 

ずっと白い歯をキープすることは

 

可能です。

 

 

また、その方の歯に合った

 

ホワイトニング方法を行い

 

一度しっかりと白くすると、

 

色持ちが格段に良くなります。

 

そうすると、

 

メンテナンスの頻度を落としても

 

白い歯をキープしやすくなります。

 

 

色戻りでお悩みの方は

 

お気軽にご相談ください☺

友だち追加

こちらのLINEからもご質問やご相談など受け付けておりますのでお気軽にどうぞ!

院長プロフィール

 院長 北林 玲美

経歴

  • 東京歯科大学卒業
  • ホワイトニング専門クリニック、一般歯科勤務
  • 表参道ホワイトデンタルクリニック開業

無料カウンセリングも行っております。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

アクセス

03-6447-1556

お電話に出られないことがございます。
メッセージを頂ければ折り返しいたします。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-19-8 アロープラザ原宿122
東京メトロ表参道駅A2出口より 徒歩4分、JR原宿駅より徒歩10分

診療日

休診日

不定休