ホワイトニングのことなら、東京都渋谷区のホワイトニング専門審美歯科、表参道ホワイトデンタルクリニックにお任せください。

ホワイトニング専門
女性専用クリニック
  完全予約制  
03-6447-1556

    LINE@からご予約はこちら

友だち追加

ホワイトニングブログ
~輝く女性インタビュー Jocelyne Allen①~

投稿日:2020年7月3日

 

輝く女性には

輝く歯が似合う。

 

ホワイトニングで歯を輝かせるだけでなく、

輝く女性を応援する意味も込めて、

クリニックで

輝く女性たちを

独占インタビュー

していきます。

 

第2回目はこの方。

日加で活躍する

マンガ翻訳家

ジョセリン・アレンさんです!

 

人生に迷ってる人はいませんか?

結婚しなきゃ

子供産まなきゃ

しなきゃしなきゃ

になって

毎日が楽しくない方

必見です!

 

彼女のキャリアは

どうやって築かれたのか?

日本とカナダの

女性の生き方の違い。

翻訳家を目指したい方

必見です!

 

 

 

―ご職業を教えてください。

 

マンガ翻訳家です。

 

―翻訳家になるまでの経緯を教えてください。

 

大学の専門は数学でしたが、

数学ではとても食べていけない分野なので、

日本のJETプログラムに応募したら、

受かったのです。

 

-数学から翻訳とは不思議ですね!

 

数学は物心ついたころから大好きですので、

大学で純粋数学の専門にしましたが、

言葉にもそのころから興味ありました。

 

小学校に入る前にフランス語が

メインの地域に住んでいたから、

英語とフランス語も両方毎日話していたし、

 

未来の夢は小説家でしたので、

言語と言葉はいつも一緒でした。

数学に興味はない人が気づかないかもしれませんが、

根本的に数学は言語ですよ。

 

ロゼッタストーンなどはないのですが、

数学には「言葉」とか「文法」などありますし、

非常にクリエティブな分野です。

だから数学の専門から

翻訳家になるのは当たり前のことだと感じます。

 

 

 

秋田県に引っ越して

中学校の教師として勤めながら、

日本語の勉強をして、

ある程度分かるようになったら、

バイトとして翻訳をするようになりました。

 

 

 

教師と翻訳家と両方をやってから、

ある翻訳会社に雇ってもらって、

翻訳と編集をフルタイムにやるようになりました。

 

 

 

数年後、その会社をやめてカナダに戻って

フリーで翻訳することにしました。

 

 

 

理系や車業界の翻訳をやりましたが、

物心がついてから小説家になりたかったので、

 

 

 

小説や漫画の翻訳もやってみたかったですから、

いろんな出版社にメールをして

翻訳家を募集していないかを聞いてみたら、

ある会社が返事してくれました。

 

 

 

しかし。その会社は

セクシー漫画などを出版する会社でした。

そのような分野を翻訳したことは

なかったんですが、

せっかく漫画を翻訳する機会が現れたので、

やってみようと決心しました。

 

 

 

すると、意外にうまくいって、

その経験を利用して他の出版社にまたメールしたら、

オファーをいただきました。

 

 

 

最初は理系と漫画の翻訳を

両方やりながら食べていきましたが、

どんどん漫画の依頼が増えまして、

 

 

 

今になって漫画や小説がメインになりました。

幸いなことにこの数年にはそのような

クリエティブな翻訳しかやっていないです。

 

なるほど!

キャリアを築く道は

けして一つでは

ないんですね!

勇気を持って

問い合わせてみることも

大切です!

次回に続きます!!

院長プロフィール

 院長 北林 玲美

経歴

  • 東京歯科大学卒業
  • ホワイトニング専門クリニック、一般歯科勤務
  • 表参道ホワイトデンタルクリニック開業

無料カウンセリングも行っております。ぜひ一度お気軽にご相談ください。

アクセス

03-6447-1556

お電話に出られないことがございます。
メッセージを頂ければ折り返しいたします。

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-19-8 アロープラザ原宿122
東京メトロ表参道駅A2出口より 徒歩4分、JR原宿駅より徒歩10分

診療日

休診日

不定休