ホワイトニングのことなら、表参道のホワイトニング専門歯科医院、【表参道ホワイトデンタルクリニック】にお任せください。

表参道ホワイトニング専門歯科医院

表参道駅A2出口より徒歩4分

ホワイトニング専門
女性専用クリニック
  完全予約制  

ご予約/お問い合わせは公式LINEからのみ

可能です

電話/メール/DMなど対応しておりません

友だち追加

ホワイトニングの基礎知識
~ホワイトニングのデメリット~

投稿日:2022年2月26日

 

こんにちは!

ホワイトニング専門歯科

表参道ホワイトデンタルクリニックです。

 

今日はホワイトニングのデメリットについて解説します。

 

口元が明るくなり、お顔の印象が変わる。

メリットいっぱいのホワイトニングですが、

もちろんデメリットもあります。

事前にしっかり理解してから

ホワイトニングをしましょう。

 

 

 

 

どんなデメリットがあるのかというと、

代表的な3つとして

①    知覚過敏が起こる可能性がある

②    詰め物や被せ物と色の差が出る可能性がある

③    歯に模様が出る可能性がある

です。

 

 

 

患者様によっては、

デメリットがメリットを上回る場合、

「ホワイトニングをやらない」

というのも一つの選択肢としてあることを

忘れないようにしましょう。

 

それぞれについて

詳しく解説します。

 

目次

1 知覚過敏が起こる可能性

ホワイトニングの代表的なデメリットとして

知覚過敏があります。

 

なぜホワイトニングをすると知覚過敏が起こるのでしょうか?

 

原因は、歯の内部にあります。

歯の内部には部屋のような空洞があり、そこに神経が入っています。

神経には種類があり、

 

歯の神経のほとんどが、痛みを伝える痛覚です。

歯の内部には神経がある

普段歯の神経は固い外側の組織に覆われていますが、

内部に刺激が伝わると、

神経が反応して痛みを脳に伝えます。

 

例えば、虫歯で外側の組織がなくなってしまうと

歯が痛くなるのも神経の反応です。

 

ホワイトニングの薬も内部へ浸透していくと

それが刺激となり知覚過敏が起こることがあります。

 

歯ぎしりや食いしばりをする人は、

通常よりも歯に負担がかかり、

歯が弱くなっていることがあります。

 

そのような場合、

普通の人と比べて知覚過敏が起こりやすくなります。

 

知覚過敏が起こっても

必ず一時的でおさまります。

 

歯に害もありません。

2 詰め物や被せ物との色の差が出る可能性

詰め物・被せ物はホワイトニングで白くすることはできません。

 

すでに被せ物がある人は、

ホワイトニングを行うと

『自分の歯』と『被せ物』との色に差が出てしまう

可能性があります。

特に前歯では色の差は目立ちます。

 

ホワイトニングを行えるかどうかは、

・今の自分の歯の色

・被せ物の色

・被せ物を変えるか、変えたくないか

によって変わり、ケースバイケースです。

 

歯科医師に事前にしっかりと相談しましょう。

前歯に自分の歯と被せ物が混ざっている場合、ホワイトニングは複雑になる

3 歯に模様が出る可能性

歯にもともと点々(ホワイトスポット)や縞々(ホワイトバンド)がある人は

その模様がホワイトニング後に強調されて見えることがあります。

だんだんとなじんでいきますが、

直後が一番目立ちます。

 

残念ながら、ホワイトニングで模様が消えることはありません。

 

しかし、目立ちにくくすることはできる可能性があります。

これも個々の歯の状態によって変わるため

 

事前にしっかりと歯科医師に相談しましょう。

 

以上が代表的なホワイトニングのデメリットになります。

 

事前にしっかりと理解してからホワイトニングしましょう。

ホワイトニング後、白い模様が目立っている

4 まとめ「ホワイトニングのデメリット」

ホワイトニングにはデメリットもある。

事前にしっかりと理解して、了解してから

ホワイトニングを行うこと。

 

 

アクセス

東京都渋谷区神宮前4-19-8
アロープラザ原宿122
東京メトロ表参道駅A2出口より 徒歩4分、JR原宿駅より徒歩10分

診療日

休診日

不定休